KKさん(在宅看護コース2年目)

地域住民に信頼され、地域と一体となり歴史を歩んできた病院で地域医療を学びながら一緒に働きたい!

KKさん 

在宅看護コース 配属先:慢性期病棟→訪問看護ステーション(入職2年目で異動) 

出身校:静岡県立東部看護専門学校

 

Q:入職のキッカケを教えてください
A:元々高齢者介護に従事しており、医療と介護・生活の包括的な支援に興味がありました。資料内容やインターンシップに参加し当院が地域住民に信頼され、地域と一体となり歴史を歩んできた病院であると感じ、地域医療を学びながら私も一緒に働きたいと考え、就職を決めました。

 

Q:インターンシップに参加しどんな感想を持ちましたか
A:インターンシップでは急性期病棟で体験させていただきました。急性期なので展開が早くバタバタとしていたのですが、その中でも個別性を捉えた看護をしていると感じました。この川崎協同病院は看護師間や他職種間のコミュケーションが円滑で、働きやすそうな雰囲気であると感じました。

 

Q:看護師の魅力ややりがいを感じるときはどんなときですか
A:実際に働いてみて、「こういうことも看護師の仕事なんだ」と感じることがたくさんあります。普段の処置や検温というのは当たり前なんですが、退院後のことも考えて「この患者さんが退院するためには何の準備が必要なんだろう」とか退院後のフォローについても考えて仕事をしています。とても難しく大変ですが、笑顔で退院していく患者さんを見ると「やってよかったな」というやりがいを感じられます。

page top