NSさん(2年目ナースマン)

退院後その患者さんが安心して生活できるよう関わる看護がしたい

NSさん 配属先:地域包括ケア病棟(入職2年目) 出身校:横浜実践看護専門学校

 

Q:インターンシップに参加した印象は?
A:卒年生の春に3階病棟のインターンシップに参加しました。 急性期病棟であり、入退院の回転が早く空気はバタバタしているのですが、忙しさを感じながらもスタッフの方々は皆暖かく優しい感じでした。 とても楽しくインターンシップに参加できました。



 

Q:民医連&川崎医療生協の看護師としてのやりがいを教えてください。

A:生活が困ってしまっている患者さんも入院されてくる中で、退院後その患者さんが安心して生活できるよう、疾患と社会や暮らしを結び付けて看護を行えるところが民医連の看護師としてのやりがいだと思います。

Q:2年目ナースとしてがんばっていることはなんですか?
A:今年度は緩和ケアチームの一員として頑張っています。「緩和ケア」とはなにかという基本的な疼痛コントロールについての学習をはじめ、病院で最期を迎える患者さん本人とご家族にどんなケアができるのか日々学習と、振り返りを行おうと思っています。

page top