HMさん(在宅看護コース1年目)

「自分らしく生きたい、自宅で最期を迎えたい、自宅で過ごしたい」という患者さんを支えられる訪問看護師になりたい

HMさん 配属先:在宅看護コース(入職1年目) 出身校:首都医校

Q:介護職から看護職へ・・きっかけとなった出来事、同期を教えて下さい。

A:長い間、訪問介護職に携わる中で利用者さんやその家族との関わりを通して、資格上、自分が出来る事に限界を感じていました。本当は援助したい事ができなかったり、自分だけでは判断が出来ないもどかしさから、看護師へのステップアップを目指したいと考え、「自分らしく生きたい、自宅で最期を迎えたい、自宅で過ごしたい」という患者さんを支えられる看護師になりたいと思い、看護学校に通いました。


Q:インターンシップに参加したときの印象は?

A:訪問看護師を目指していたので3年生の夏におおしま訪問看護ステーションにて訪問看護のインターンシップに参加しました。訪問看護師は1人で患者さん宅へ伺い看護をするため、様々な知識や技術の他にも援助に必要な物品などの代用品を知恵を使って考えて作成していたり、患者さんだけでなく家族の健康も把握する他、患者さんの生活や家族に変化があれば他職種と連携してサポートする事で患者さんの健康や生活を守っていくなど、医師の指示のもとに看護を提供していく事以外にも患者さんの人生そのものを看ている…そんな印象を受けました。

 

Q:奨学生活動の中で思い出に残ってること、奨学生で良かったことを教えてください。
A:様々な看護学校の方とテーマについてディスカッションしたり、奨学生同士という繋がりの中で仲良くなった仲間と看護学生生活の情報交換をしたりして楽しかったですし、国試対策はとても勉強になりました。

Q:川崎医療生協に就職を決めた理由はなんですか?どんなところに惹かれましたか?
A:訪問看護コースがあるという事の他に、無差別平等の医療を患者さんに提供していく理念も自分の中でやりたい医療でしたし、地域との繋がりを大切にしているところがとても良いなと思いました。また、職場の方々の雰囲気が明るく柔らかな雰囲気である事。『私もこんな看護師になりたい』と思える先輩方が多くいらっしゃいます。

Q:自職場のいいところやおススメなポイント、職場の雰囲気などを教えてください。
A:配属先の訪問看護ステーションも研修中の診療所も先輩がとても優しく、色んな知識や技術を教えてくれます。わからない事は何度も何度も聞いてます!明るくて和気藹々とした職場で楽しいです。

Q:民医連&川崎医療生協の診療所の看護師としてのやりがいを教えてください。
A:まだ看護師なりたての新人で外来は初めてなので分からない事だらけ、もはや分からないことが分からない状態の中で仕事を覚える日々なので失敗も多く、沢山悩んだりします。 それでも、患者さんとの関わりの中で『ありがとう』『頑張ってね』と声をかけてくれる患者さんの一言一言がとてもありがたいですし、毎日1つずつ出来る様になっていく事で少しずつ成長していく自分がいます。今は患者さんを知っていくという事そのものが私のやりがいに繋がっています。

Q:診療所の看護師に必要なスキルや資質とはどんなものだと考えますか?またそれについて努力していることがあれば教えてください。
A:医療に関する豊富な知識や技術、人を看る目、観察力、患者さんの立場を考えられる人間性、些細な事に目を向けて疑問を持ち続ける探究心など質の高い看護スキルが必要だと思っています。

Q:看護学生さんにひとこと!
A:看護師は一生勉強だと思いますし、何よりも患者さんから教えられる事が沢山あります。川崎協同病院では、地域医療の良さを知る事ができたり、これからの社会に向けた医療の課題など様々な看護を学べる環境があると感じています。明るく優しい先輩達が皆さんの入職をお待ちしてますので是非とも川崎協同病院での看護師の一歩を踏み出していただけたらと思います!皆さんのご入職をお待ちしてまーす!

page top