部署紹介

地域包括ケア病棟

           

病棟の特徴

患者さんが安心して住み慣れたご自宅に退院できるように、多職種ワンチームとなりご家族を含めた退院調整を行っています。カンファレンスでは、患者さんの叶えたい思いはなんだろう?と、患者さんの一番近くにいる看護師だからこそ感じ取れるニーズをどうすれば実現できるか多職種でとことん話し合っています。在宅で過ごされている患者さんのレスパイト入院も受け入れ、介護者のかたが安心して介護が続けられるような支援もしています。

患者さんの疾患・傾向

疾患は内科から外科、整形外科、婦人科、小児科など、多岐にわたります。主に在宅からの亜急性期疾患の入院治療を行い、住み慣れたご自宅に退院できるように患者さんやご家族に対しての退院指導や、在宅介護サービスや訪問看護の介入など、ケアマネージャーとの細かい情報共有などのもと、不安なく退院後の生活が送ることができるよう支援をしています。患者さんが安心して住み慣れたご自宅に退院できるように、多職種ワンチームとなりご家族を含めた退院調整を行っています。カンファレンスでは、患者さんの叶えたい思いはなんだろう?と、患者さんの一番近くにいる看護師だからこそ感じ取れるニーズをどうすれば実現できるか多職種でとことん話し合っています。在宅で過ごされている患者さんのレスパイト入院も受け入れ、介護者のかたが安心して介護が続けられるような支援もしています。

病棟からのメッセージ

毎年、地域の健康まつりでは地域包括ケア病棟でうどん屋さんを出店!仲の良い病棟です!!他県(青森や北海道など)出身のかたも多い病棟です。一緒に長く働ける方のご応募お待ちしております!

回復期リハビリテーション病棟

           

病棟の特徴

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。病棟の担当医師はカンファレンスに毎回参加し、患者さん・ご家族にリハビリテーションの状況を進んで説明しています。理学療法士や作業療法士などのセラピストたちとワンチームとなり、患者さんが寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなどの「日常生活動作」(ADL)への積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援していきます。

患者さんの疾患・傾向

疾患としては、脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節などの骨折、外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群、股関節又は膝関節の置換術後などのリハビリとなります。

病棟からのメッセージ

「昨日はできなかったことが今日はできるようになっている!」そんな患者さんの日々の変化を目の前で見ることができ、一緒に喜べるところは回復期リハビリ病棟で働くやりがいのひとつです。セラピストたちとワンチーム一緒になって退院支援を行う楽しさもあります。ぜひ一緒に回復期リハビリ病棟で働きませんか?

急性期病棟(3階)

          

病棟の特徴

看護体制:7:1

内科・外科・整形外科・婦人科・一部の小児科を対象にした急性期病棟です。

入退院が多く医療依存度も高いので、他職種(医師・薬剤師・栄養士・リハビリテーションセラピスト・臨床工学技士・ソーシャルワーカー等)を含めたカンファレンスを毎日行っています。

カンファレンスで患者さんの方向性を話し合い、看護計画の立案・評価・修正を速やかに行うことで継続看護を強化できるよう意識しています。

患者さんの疾患・傾向

外科や整形外科・婦人科などの周手術期や、循環器内科の冠動脈疾患カテーテル検査及び治療、消化器内科の内視鏡検査及び治療を目的とした患者さんが多いです。

また小児川崎病のグロブリン療法やがん化学療法、人工呼吸器やIABP・緊急透析なども行います。

病棟からのメッセージ

子育て世代も多く働いている職場です!子どもの具合が悪くなり保育園から急に呼び出し!というときも、お互い様の精神でフォローし合いながら働いています。

目に見えて患者さんの病状が改善し、退院していく患者さんを見送れる達成感は、急性期病棟の醍醐味の1つです!

慢性期障碍者病棟(4階)

        

病棟の特徴

看護体制:10:1

チームは2つに分かれて固定チームナーシングを行っています。

患者さんの疾患・傾向

疾患は内科から外科、整形外科まで多岐にわたります。障害や介護度が高い患者さんが多いので、褥瘡予防や処置、人工呼吸器や尿道カテーテル、ポートなどの医療物品の管理やケアの技術などもしっかりと学ぶことができる病棟です。

病棟からのメッセージ

患者さんのお誕生日には記念に写真を撮ってバースデーカードをプレゼントしたり、時には末期の患者さんの大好きだった食べ物やお酒を用意して家族も一緒にお食事会を開催したり・・慢性期ならではの温かい看護を大切にしています。関わり子育て世代も多く働いている職場です!子どもの具合が悪くなり保育園から急に呼び出し!というときも、お互い様の精神でフォローし合いながら働いています。4階病棟でしっかり基礎を学んでみませんか?

外来

一般外来(外科・脳神経外科・整形外科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・小児科)・重症心身障害児医療型特定短期入所サービス

救急外来・手術室・技術看護(カテーテル室・透視室・CT・内視鏡室)

         外来

外来の特徴

小児外来の一角に、重症心身障害児(者)の医療型特定短期入所サービス「ぽっかぽか」を2015年に開設しました。医師・看護師・介護福祉士・リハビリテーション・事務職員が関わり、医療ケアが必要な障害児(者)を日中お預かりをしています。川崎市内唯一の医療型特定短期入所サービスです。朝ご自宅にお迎えに行ったり、放課後学校にお迎えにも行きます。もし「ぽっかぽか」に来て具合が悪いことが分かった場合は、小児科医の判断によりそのまま地域包括ケア病棟での入院も可能ですので、保護者のかたも安心して預けれられるとの声をいただいています。

患者さんの疾患・傾向

外来に通院している患者さんは入院と違い、その日の診療が終われば在宅へと戻ってしまいますので「瞬間」が勝負です。一時の看護師の鋭いアンテナにより、患者さんのいつもと違った行動や言動から、介入可否の判断を見誤らないことが何より大切です。川崎協同病院の外来看護は、家で過ごす患者さんがきっと○○に困っているのではないか?と想像する力が長けています。気になる患者さんがいたら、看護師だけでなく、他職種の事務やセラピスト達もお宅に様子を伺いにいきます。最近ちょっと尿臭が強くなってきたな?、身なりが乱れてきたな?、指導したことは家でうまくできているのかな?というような気になることを次の関わりにつなげることができるように「気になる患者訪問」というものを行っています。少々お節介と思われるかも知れませんが、この「気になる患者訪問」は民医連の活動の一環で、全国で取り組まれているものです。患者さんの要求がなんでありどう関わればいいかをいつも考えて看護をしています。

血液浄化センター

        

血液浄化センターの特徴

22台の人工透析が出来る機械があります。外来患者さんと入院患者さんの透析治療を担っています。

17時から夜間透析も行い、患者さんは生活スタイルに合わせて透析時間が選択できます。

日勤、遅番、準夜勤の勤務があり、日曜日以外お正月も行っています。

1週に1回は医師・看護師・臨床工学技士でカンファレンスを行い、患者さんの問題点や困っていることを話し合い解決策を考えます。

患者さんの疾患・傾向

患者さんの原疾患は糖尿病性腎症・慢性糸球体腎炎・腎硬化症が多いです。

透析患者さんは、2週間に1度透析の前と後に血液検査を行います。食事量や運動量など適切か・内服はきちんと飲めているか?生活状況を聴き、血液検査の結果を踏まえて患者さんと一緒に健康な生活について考えます。

時には潰瘍性大腸炎の治療として、L-CAP療法も行います。

血液浄化センターからのメッセージ

日本腎不全学会や学術交流集会に事例を発表し勉強会を重ね、患者さんによりよいケアを提供できるように努力しています。透析看護では、病棟では経験できない看護の専門性を持っている部分もあるので、とてもやりがいを感じられる部署です。

page top