1年目基礎研修

研修内容

 1~4年目までを新人教育期間(基礎Ⅰ~基礎Ⅳ)と位置づけています。
いざ勤務となるとやっぱり不安は尽きないものです。
 川崎協同病院では、「一人も置いていかない」「わかるまで丁寧に教えあう」ことをモットーに、卒後1年目から4年までは初期研修として、年間通しての研修が計画されています。
 卒後1年目は「患者さまの立場に立つ」看護の基礎を学ぶことから始まります。入職して2週間は「看護技術集合研修」を行っています。先輩看護師が講師となり、基本から実像までの技術をじっくりと学ぶことができます。1年目は担当者や職場のみんなでしっかりとサポートを行い、大切に新人看護師の看護観を育てています。

年間スケジュール(新卒)

【基礎コースのポイント】
基礎的な看護の知識・技術を身に付け「患者さんの立場に立った看護」について深く考える事ができるよう、研修の機会を多く保障しています。さまざまな不安もあるかと思いますが、気軽に相談できる先輩看護講師がプリセプターとなり1年間フォローします。

4月

    ・最初の集合研修は看護部のみでなく多職種で行います。
     入職日からもう他職種連携が始まりますので病棟配属後も相談しやすく風通しのよい職場風土です。
     全体研修後は看護部に分かれ2週間研修をします。
    (手指衛生、電カル、注射点滴、酸素、インスリン、ワクチン、吸引、吸入、
     検体の取り扱い、転倒転落、看護記録、BLSなど)

5月

    ・口腔ケア
    ・歯科見学
    ・輸液ポンプ
    ・シリンジポンプ
    ・膀胱留置カテ
    ・導尿
    ・清潔操作
    ・看護記録の実際
    ・正常心電図

6月

    ・ハイリスクな薬剤と取り扱い
    ・認知症看護
    ・逝去時の看護と緩和
    ・12誘導心電図

7月

    ・急変時の対応
    ・3ヶ月のまとめ

8月

    ・SBARを用いた報告の仕方
    ・褥瘡 
    ・感染対策
    ・看護計画
    ・人工呼吸器

9月

    ・NST
    ・食事について(形態・カロリー)
    ・認知症
    ・ユマニチュード
    ・メンタルヘルス(チームビルディング)
    ・食事介助時のポジショニング

10月

    ・6か月のまとめ
    ・患者史発表

11月

    ・ケーススタディの書き方
    ・KYK

12月

    ・1年のまとめの準備をプリセプターと一緒に3月まで進めていきます

1月

    ・1年のまとめの準備をプリセプターと一緒に3月まで進めていきます

2月

    ・1年のまとめの準備をプリセプターと一緒に3月まで進めていきます

3月

    ・1年のまとめ・ケーススタディ発表

page top