2年目基礎研修

認知症看護研修

当院の認知症の認定看護師より、認知症の概論をはじめ、各部署で必ず関わる認知症患者さんの基本的知識と対応の仕方や現場で困ったときの対処方法などを学びます。「困った患者」ではなく困っていたのは患者さん自身だったんだ、と気づかされる研修です。

医療講演会の企画~実施

地域の組合員さん向けの医療講演会のメニュー作りなど、準備から実施までを2年目看護師が行います。組合員さんに医療の知識を分かりやすく伝えるためにはどうすればよいかなど、工夫をして取り組みます。

退院後訪問

退院支援をさせていただいた患者さんが、在宅でどのような生活を送っているのか?気になるところですよね。例えば吸引の技術指導をご家族に行ったあと、ご自宅では問題なく吸引できているか?痰の量が増えていないか?ベッドのどこに置いているのか?吸引の水はどうされているのか?吸ったものの破棄はどうしているのか?管の消毒はどうしているのか?・・など、病院とご自宅ではベッド環境がまるで違うので、自分の行った指導で十分だったのか?適切だったかを、現場に行ってみて初めて知ることができます。入院中にいかに在宅での療養環境を想像してご家族に指導できるかを考えさせられるとても良い機会です。

模擬患者研修

組合員さんが患者役となり事例をもとに自分の看護をロールプレイします。自分の声のかけ方、口調など自分が気づかない癖を知ることができたり、また対応の中で良かったところ、改善したほうがいいところなどを振り返り、日頃の看護に役立てます。組合員さんが自分のかかる病院の質向上のために協力したいと言っていただける、生協だからこそ行える研修です。

模擬患者

院内他部署研修

自職場以外の院内の部署を回ります。放射線科や栄養科、検査室、医事課などの他部署では看護師に対してどのように普段対応をしているのかを知る良い機会です。看護ではない他職種の目線で見た患者さんはどう映るのかを体験します。改めて看護との連携について考えられるよい機会です。

page top